ノロウイルスの治療薬やワクチンはない

ワクチンた特効薬は無い ノロウイルス対策

ノロウイルスの治療薬や感染予防のワクチンはありません。その為、体内に病原体であるノロウイルスを入れないことがノロウイルス感染予防において非常に重要です。また、ノロウイルスは、非常に感染力が強く、少量でも体内に侵入すると爆発的に増殖し感染をます。そして、ノロウイルス患者の症状である下痢や嘔吐による汚物には、大量のノロウイルスが含まれています。そのため不特定多数が利用するトイレは、常に感染者がトイレを利用する可能性があり、便器やドアノブさらには水道の蛇口など様々な場所が汚染されている可能性が高く注意が必要です。トイレ使用後の手洗いは特に徹底しましょう。また、寒くなると死滅(不活化)するまでの時間が長くなり、秋から冬にかけて感染するリスクが非常に高くなります。この時期は、インフルエンザも流行する時期ですが、感染予防でアルコールを用いた消毒を推奨しています。アルコールは、インフルエンザや食中毒菌である腸管出血性大腸菌O157を消毒する事ができます。しかし、ノロウイルスにはアルコール消毒の効果が無く、消毒をする際には次亜塩素酸ナトリウムの使用をお勧めします。インフルエンザと異なり外側を覆うエンベロープ(外皮膜)をもたない小さいウイルスです。このような構造のウイルスはアルコールに対して抵抗性がります。また、インフルエンザの予防として使用されるワクチンですが、薬同様に開発されておらず、体内に病原体を取り入れない事が大予防の原則と言っていいでしょう。

【AD】 自宅で簡単に高精度なエイズ(HIV)検査が可能に。だれでも簡単にできる高精度に血液検査キット詳細はこちら

ノロウイルスの特効薬やワクチンが開発できない理由

私たちの周りには、様々な細菌やウイルスがあり、それらに感染しない為にワクチンが開発されています。しかし、ノロウイルスは、アメリカのアルバート・カピキアン博士によって発見されてから40年以上の月日が流れたにもかかわらず研究が遅れています。その為、ノロウイルスの感染を予防する為のワクチンは、医学が進歩した現代でもありません。ノロウイルスは、大きく分けて5つの遺伝子群に分類され、その多くは私たち人間の腸内でしか増殖することができません。その為、ワクチンや特効薬を開発するのに必要な実験用のノロウイルスが容易に培養できず、感染モデル動物が無いこと、効率の良い株化培養細胞を用いた増殖培養システムが開発されていないことから開発を難しくしています。また、ノロウイルスの遺伝子の構造が複雑であり、さらに突然変異で新しい型のノロウイルスも発生しています。ワクチンは病原体の遺伝子構造ごとに効果を発揮しますので、年々変化するノロウイルスに開発が追いついてないのもワクチンが開発されない背景にはあります。まだ、研究段階ではあります海外ではノロウイルスの治療薬やワクチンのの開発に成功したとの情報もありますが、承認され実用化するまでには数年かかるかと思います。

特効薬やワクチンのイメージ

ノロウイルスは私たちの体内で爆発的に増殖する

ノロウイルスに感染するとが下痢や嘔吐の症状が数日から1週間程度続きます。体内に侵入したノロウイルスが小腸や十二指腸の粘膜(上皮細胞)に侵入して、自身の遺伝情報(RNA)を使いながら爆発的に増殖し、やがて増殖したノロウイルスで上皮細胞の中は、満たされ細胞膜が耐えきれず破裂し周囲に感染が拡大します。その為、完全が拡大すると小腸の上皮細胞は脱落し、著しい機能低下に陥り、激しい下痢や嘔吐の症状が現れます。しかし、体内で増殖したノロウイルスが下痢や嘔吐で対外に排出されると症状も治まり発症から数日から1週間程度で自然に回復します。また、重症化する事も少なく、ノロウイルスの感染が直接的な原因で死亡するケースも非常に稀です。しかし、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者が感染した場合には特に注意が必要です。乳幼児や高齢者は、激しい下痢や嘔吐の症状により脱水症状になりやすいです。早めの水分補給や輸液(点滴)をする様にしましょう。また、嚥下障害のある高齢者は、嘔吐した際に汚物を上手に排出する事ができず、汚物を器官にいれてしまう誤嚥性肺炎や窒息に注意が必要です。また、感染者の方を介助する際には二次感染に注意しましょう。

ノロウイルスの立体モデル

ノロウイルスに有効なワクチン開発は非常に難しい

ワクチンの仕組みは、体内に侵入したノロウイルスに対して攻撃する抗体を作ります。ノロウイルスも体内に侵入したときに表面にある突起に抗体にとりつき感染しづらくする。 しかし、ノロウイルスには、30種類以上の遺伝子型があり、インフルエンザウイルスより変化しやすい。このため、ワクチンと違うタイプの遺伝子型が流行すると、ワクチンを作っても抗体がウイルスの突起にくっつくことができず、感染を防げない恐れがあると考えられています。 上記の説明のとおり、ノロウイルスに有効な治療薬やワクチンは無く、下痢や嘔吐の症状が現れたら自然に回復するまで我慢しなけばいけません。非常に辛い症状の為、市販されている下痢止め薬や吐き気止めの服用を検討する方も多いかと思いますが、逆効果になる可能性があり素人判断で薬の服用はおすすめできません。症状は、小腸や十二指腸で増殖したノロウイルスによって引き起こされていますが、下痢や嘔吐を繰り返す事で病原体は対外に排出され徐々に回復をしていきます。しかし、抗ウイルス剤などの治療薬ではない下痢止め薬や吐き気止めを服用しても症状は一時的に治まりますが、増殖したノロウイルスを対外へ排出させる事を遅らせ症状を長期化させたり重症化させる可能性もあります。素人判断での薬の服用は絶対にやめましょう。激しい下痢や嘔吐により、体内の水分は想像以上に喪失し脱水症状に注意が必要です。私たちの体は、約6割が水分だと言われています。水分は、体内の温度やpHの調整だけではなく、代謝を円滑に行う溶媒としても使われています。また、水分と同時に電解質も失い、このような状況が長く続くと代謝が円滑にできず重度の脱水症状を引き起こすと死亡するケースもあります。その為、水分補給が出来るならばこまめに摂取するようにいたしましょう。嘔吐や下痢は症状が出始めて3~6時間で一度落ち着きます。様子を見ながら電解質が含んだスポーツ飲料などを与えるのが良いとされています。また、与えるときは胃腸に負担をかけないように常温もしくは少し温めたものを与えるのが良いとされています。冷たいと胃腸が刺激され下痢等を誘発する可能性がありますので注意が必要です。

ノロウイルスに有効なワクチンの各製薬会社の開発状況

現在、日本ではノロウイルスに対するワクチンの開発に取り組んでいる製薬会社がありますがまだ研究途中で、市場に出回るにはしばらく時間が必要です。ノロウイルスワクチン(VLP)は、ウイルスチャレンジ試験において、嘔吐や下痢症状などの発症を抑制した。本ワクチンは、全ての年齢層を対象者とした開発を考慮している。有効性試験(発症予防試験)の実施を計画している段階である。そのため、現段階では自分で予防を行う以外対策法はありません。

武田薬品工業

武田薬品工業は昨年6月から米国の海軍訓練施設で、ノロウイルスの感染を予防するワクチンの効果を確かめる大規模な臨床試験(フェーズ2)を開始した。18歳から49歳までの健康な成人約3400人が対象だ。ワクチンは筋肉に注射するタイプで、ワクチンを注射したグループと疑似薬を注射したグループで、ノロウイルスによる中等度から重度の急性胃腸炎症状の発症率を比べて評価することにしている。 ノロウイルスは小型球形のウイルスで、表面にとげのあるたんぱく質を持っている。遺伝子の違いによって5つのグループに大別されるが人に感染するのは主にG1とG2と呼ぶグループ。さらにG1は9種類、G2は22種類の遺伝子型に細かく分けられる。 ワクチンは、ノロウイルスの表面にある突起の構造をまねたウイルス様中空粒子(VLP)とよばれる成分を使っている。VLPには遺伝子がないので、病気を引き起こす心配がない。 武田薬品は近年、世界中で流行しているG2の4型と、G1の1型の2種類のVLPを有効成分とするワクチンを開発中だ。 まだ、同社は米食品医薬品局(FDA)へいつ申請するかの見込みを明らかにしていないが、日本でのワクチン開発についても検討しているという。各国の規制当局から製造承認が下りれば、感染して食中毒を起こしやすい小児や高齢者を含め、あらゆる人が対象になるという。

第一三共

第一三共株式会社のノロウイルスワクチンは、株式会社UMNファーマと共同開発で進められています。2013年12月に開催された厚生科学審議会「予防接種・ワクチン分科会」において、開発優先度の高いワクチンの一つとしてノロウイルスワクチンが選定されています。。そのため安全性が高く、効果が高いワクチンが開発され、多くの方がノロウイルス感染を予防出来るようになると期待されています。感染しても死に繋がる事は稀ですが、世界規模で見るとノロウイルスにより命を脅かされている人がたくさんいます。そんな脅威から守る為にも、迅速な開発が願われています。

ワクチンや特効薬が無いから自己防衛が重要

ノロウイルスに有効なワクチンや特効薬が開発されていないため、感染予防のポイントは、いかにノロウイルスを体内に入れないかです。ノロウイルスは、非常に感染力が強く、少量でも体内に侵入すると爆発的に増殖して下痢や嘔吐の症状が現れます。その為、ノロウイルスを体内に入れないポイントを説明します。ノロウイルスの感染の多くは二次感染だといわれています。二次感染とは、ノロウイルス患者さんの汚物が直接もしくは間接的に触れ、そのまま素手で飲食物に触れたものを飲食する事で感染します。常に手指を清潔にすることは、ノロウイルスの感染予防で非常に重要です。特にトイレ使用後と食事前の手洗いを徹底しましょう。次に注意しなければいけないのが食品の十分な加熱です。ノロウイルスは、非常に感染力が強いウイルスですが、熱には弱い性質もあります。厚生労働省では、給食施設など大量調理施設の指針として食材の中心温度を75度90秒以上加熱することを推奨しています。加熱する食品は、しっかり加熱して、安心して食事することができます。また、加熱調理後は、素手で食品を触れない様にして二次汚染にも注意しましょう。

ノロウイルス感染予防










楽天市場で注目のアイテム






ページのトップへ戻る

【管理人お勧め】
少量の血液で「がん」「肝炎」を簡単検査

広告

ワクチンや特効薬はない ノロウイルス対策

【管理人も愛用】 乳酸菌入りサプリ

広告

処方箋無し安くコンタクトレンズを買う





ノロウイルス気になる上位キーワード

腸内を健康でノロウイルス感染予防

広告

ノロウイルス以外の食中毒と原因物質

食中毒菌にも有効!除菌率99%

広告

e840.net グループサイト

【性病】病院に行きたくないが調べたい


サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索

正しく知ってSTD予防