ノロウイルスは冷凍庫で死滅しない

ノロウイルスは冷凍しても死滅しない

ノロウイルスは冷凍庫など低温状態に保存しても死滅しないです。肉や野菜など食品を保存する時には、冷凍庫に入れることで長期保存が可能になります。食品を冷凍することで腐敗の原因となる細菌類を死滅させていると思いがちです。しかし、多くの細菌類は、冷凍しても死滅するのではなく活動を停止しているだけで、解凍すれば活動を再開します。また、冷凍した事で食品の組織は、壊されドリップなども出て食品が腐敗しやすくなり、解凍後は早めに調理することがおすすめです。ノロウイルスについても同様であり冷凍保存することによる消毒効果は期待できません。ノロウイルスは、寒さや乾燥した状態を非常に好みます。食品を冷凍したから安全だと思わず、調理をする際には十分に加熱することをおすすめします。

ノロウイルスは寒さに強く死滅しないウイルス

ノロウイルスを死滅させることができるのは、十分な食品の加熱、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒だといわれております。ノロウイルスは、インフルエンザ同様に寒さには強いウイルスです。細菌性食中毒は、適度な温度、適度な湿度、栄養の3つの条件が揃うと爆発的に増殖をします。しかし、ノロウイルスが増殖する環境は、私たちヒトの消化管のみであり、ノロウイルスが増殖する環境としては、温度、湿度、栄養は関係がありません。ここが細菌性食中毒菌とノロウイルスの違いでもあります。ノロウイルスは、非常に強い感染力をもち、少量でも体内に取り込むと爆発的に増殖をし下痢や嘔吐の上昇があらわれます。そのためノロウイルスの感染予防では、手や指先、食品などを消毒することが非常に大切になります。 ノロウイルスの感染予防方法

ノロウイルスは寒さに強いウイルスです。ノロウイルスは、温度によって死滅(不活化)するまでの時間が異なり、温度が低い方が温度が高い時に比べて長い時間死滅(不活化)しません。最も長い時間ノロウイルスが不活化しないでいれる温度帯は0度前後(2度あたり)と言われており、冷凍庫の中では1年近く不活化せず生き続けることができます。その為、寒い時期にノロウイルスの感染が流行をします。ノロウイルス患者さんは、激しい下痢や嘔吐の症状があらわれ便器やドアノブなど様々な場所を汚染します。気温が高い夏場でしたら便器やドアノブに付着したノロウイルスも短期間で不活化します。しかし、寒い冬場は、気温が低いためなかなか不活化しづらくノロウイルスに汚染される範囲が拡大します。その為、手や指先がノロウイルスに感染するリスクも高く注意が必要です。

ノロウイルスが増殖は私たちヒトの腸の中です。食中毒菌やカビなどは、適度な温度、適度な湿度、栄養の条件が揃うことで増殖し、一定量の細菌やカビを体内に取り込むことで下痢や嘔吐など食中毒の症状があらわれますしかし、ノロウイルスが増殖することができるのは、私たちの腸の中だけです。ですので、ノロウイルスの感染だけを注意するならば、温度や湿度の管理は必要ありません。しかし、食品の衛生は、ノロウイルスなど特定のウイルスの感染予防に注意すればいい問題ではありません。食中毒にならないためにも食中毒予防の3原則をしっかり守るようにしましょう。

ノロウイルスは加熱や次亜塩素酸で死滅

ノロウイルスは冷凍しても死滅せず加熱や次亜塩素ナトリウムで死滅します。ノロウイルスの感染は、手や指先がノロウイルスに汚染されることで激しい下痢や嘔吐の症状があらわれます。その為、手や指先を常に生活にすることが重要であり、万が一、手や指先がノロウイルスに汚染したまま調理をしても十分な加熱をすることでノロウイルスを死滅(不活化)させ安全に食べることができます。また、加熱できない食材は、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒も有効であります。

加熱によるノロウイルス食中毒予防

ノロウイルス食中毒を予防するうえで食品の十分な加熱は、非常に有効な方法の1つだといえます。ノロウイルスは、非常に微細なウイルスであり、ノロウイルスに汚染された食材が固有の臭い、味覚、変色など私たちの五感で感じることはできません。また、外食店など食事の外部化、流通など食事をするまでに多くの人が関わり食品がノロウイルスに汚染されやすい環境でもあります。いつ、どこで、どのくらいノロウイルスに汚染されたかわからない状況の中で、十分に加熱をせずに飲食をすることは非常にリスクの高い行為です。ノロウイルスは、食材の中心温度が85度から90度で90秒以上の加熱で死滅させることができますので、しっかり食材を加熱することが重要です。 加熱によるノロウイルス予防方法

電子レンジによる加熱とノロウイルス感染予防

電子レンジは、電磁波により食品中に含まれる水の分子を振動させる事で摩擦熱を生じさせ加熱する方法です。非常に簡単に加熱をする事ができ、食材の中心温度90度で90秒以上の加熱であればノロウイルスを不活化(死滅)させる事が可能です。しかし、電子レンジは、厚みのある食材が十分に中心まで加熱する事ができず、電磁波が角に集中する性質があり加熱ムラが生じます。ですので電子レンジで加熱する際には、加熱途中で裏表をかえたり、まぜたりする事が重要です。 電子レンジの加熱とノロウイルス感染予防

冷凍食品とノロウイルス食中毒

冷凍食品を調理する際に一番注意をしなければいけないのが保存期間です。冷凍状態で保存する事で、いつまでも美味しく食品を保存できると勘違いしやすいですが、冷凍食品にも賞味期限があります。これは、衛生的に安全に食べられる期限でもありますが、食品の味や食感を維持可能な期間でもありますついつい自宅の冷凍庫など賞味期限を過ぎた食品などがあるかと思いますが、期限を過ぎた食品は廃棄し食べないようにしましょう。冷凍食品を長期間保存する事で細菌類などによる食品の劣化が一番心配されますが、もう1つ冷凍焼けによる乾燥が大きく食感や味を損なう原因にもなります。冷凍焼けを起こした食品は、当然乾燥し、食品の細胞も壊れ食感を損なったり、ドリップが出てうま味が逃げ出したり、生臭くなったりします。また、この様な状態は、食品の細胞もボロボロになり食中毒などの細菌類も食品の奥まで入り込みやすくなり食中毒の原因にもなる心配があります。ですので、冷凍食品を長期間保存しすぎないで、賞味期限内に食べる事をおすすめします。

次亜塩素酸ナトリウムによるノロウイルス消毒

ノロウイルスの感染予防で食品など十分に加熱することができない生野菜などの食品は、次亜塩素酸ナトリウムをもちいてノロウイルスを消毒することができます。次亜塩素酸ナトリウムは、加熱する事ができない設備や道具などを清潔な状態にするため用いられます。また、次亜塩素酸ナトリウムは、濃度が高くなれば早く消毒効果があらわれ、薄ければ時間をかけて消毒効果があらわれます。次亜塩素酸ナトリウムを食品の消毒に使用する場合には100ppm、トイレなど設備の清掃や道具の消毒には200ppm、ノロウイルスの汚物処理などの消毒では500~1000ppmの濃度で使用します。次亜塩素酸ナトリウムは、短期間に大量摂取すると毒性が強い物質ですので。生野菜などの消毒後には流水で洗浄し、トイレや道具の消毒には水拭きなどをします。 次亜塩素酸ナトリウムのノロウイルス消毒

ノロウイルス感染予防












ノロウイルスは冷凍でも死滅しない


ノロウイルス サイトリンク集

ノロウイルスよくある質問を解説

食中毒を起こす原因物質

 毒キノコによる食中毒
 最新 食中毒ニュース

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索