ノロウイルスの感染予防は手洗い

手洗いの徹底でノロウイルスによる感染を防ぐ

ノロウイルスの流行は、秋から冬にかけて感染のピークであり注意が必要です。感染すると激しい下痢や嘔吐の症状が1週間から10日程度続き、治療する薬が開発されてない為に自然い回復するまで我慢するしかありません。非常に辛い思いをしない為にもノロウイルスの感染予防をしっかりしましょう。ここでは、ノロウイルスの感染予防として有効な方法である「手洗いの徹底」について説明しています。手洗いは、非常に基本的なものですが、多くの人の手洗いを見てますと水を付けただけの人が多いです。手指に付着した汚れをしっかり洗い流す「手洗い」のポイントについてまとめました。

手洗いを徹底することでノロウイルスの感染を予防

手洗いが感染予防では重要

ノロウイルスの感染予防で「手洗いの徹底」を厚生労働省や各都道府県や市町村の保健所が呼び掛けています。以前は、ノロウイルスによる食中毒や感染性胃腸炎の原因は、牡蠣など二枚貝の生食だと言われていました。しかし、発生した食中毒の多くは、牡蠣などの二枚貝ではなく、野菜、加工食品など全く違うものが原因で発生している事が判明しました。また、食材が汚染する原因を詳細に調査すると調理師など調理従事者が感染しており、感染者の手指が触れた事で汚染する二次感染によって拡大した可能性が高い事もわかりました。

飲食店の調理従事者が感染した背景として、一般客も利用するトイレを共用している事が大きく関係していると考えられます。外食店ですので不特定多数の利用者が来店し、トイレも使用します。当然、その一部の利用者はノロウイルスに感染された方もおり、下痢や嘔吐をした際に便器や周囲のドアノブ、水道の蛇口、スリッパなど色々な部分を汚染する可能性もあります。また、外食店ですと来店者も下痢や嘔吐の症状があった後に次亜塩素酸ナトリウム水溶液を用いた消毒もせず、定期的に店が行う清掃が一般的です。自分の前に誰が使ったかわからないですが、不特定多数が利用するトイレでは、使用後に指先が汚染している可能性が高く、しっかり手洗いする必要があります。

飲食店でノロウイルス食中毒が発生した場合、調理師など調理従事者が既に感染している事が多いです。この様な場合、その店の衛生管理は非常に悪く改善する必要があります。ノロウイルスは、熱に弱い性質があり、仮にノロウイルスに汚染された食品でも十分に加熱して提供をすれば全く問題がありません。また、加熱をしないサラダや刺身など生食で提供する料理も調理する前にしっかり手洗いを行っていれば予防する事ができます。仮に調理師など調理従事者が感染していたとしても十分に手洗いを行い、手袋を着用し、しっかり加熱調理をすれば食中毒を防ぐことも可能です。その為、ノロウイルス食中毒を発生した飲食店は、調理師など調理従事者がトイレの後や調理の前の手洗いが不十分であったと言わざるおえません。

ノロウイルスの感染を予防する手洗いのタイミング

ノロウイルスの感染を予防する方法は、食品の十分な加熱、手洗いの徹底、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒、二次感染の予防があります。最も身近で自己防衛できる方法の1つである「手洗いの徹底」について説明します。ノロウイルスは、非常に感染力が強く、少量でも体内に入る事で爆発的に増殖をし胃腸の機能を停止させ下痢や嘔吐の症状が現れます。感染者の多くは、手や指先が汚染された状態で食品や唇に触れ体内に取り込む事で感染するので手洗いは非常に重要な予防方法です。しかし、朝から夕方まで一日中「手洗い」をする訳にもいかないです。しっかりとポイントを押さえた「手洗い」を説明します。

手指がノロウイルスに汚染しやすいのはトイレです。日々、トイレの後に手洗いをしていますが、今後は特に注意して念入りに手洗いをする事をお勧めします。不特定多数が利用する駅や空港、大型ショッピングセンターのトイレでは、大勢の方が毎日利用しています。利用者の中には、ノロウイルスに感染している方もおり、トイレで下痢や嘔吐など勢いよく吐き下しをする事で周囲を汚染します。一部は霧状となり周囲に舞い上がり便器のみならず付近の壁や床を汚染します。そして、肛門や口に付着した汚物や唾液が指先に付着したままでドアノブや手すり、水道の蛇口に触れる事から汚染範囲は拡大します。その為、不特定多数が利用するトイレの後は、特に指先にノロウイルスが付着している可能性があり念入りに手洗いをしましょう。

食事の前の手洗いもノロウイルスの感染を予防する有効な方法です。感染が流行する秋から冬にかけて、私たちヒトの手を介してノロウイルスの汚染範囲は広がります。例えば、電車のつり革、オフィスの扉、エスカレータなど、外出先から帰宅した時には、手指にたっぷりノロウイルスが付着している可能性もありますので、帰宅したら手を洗う様にしましょう。そして、家庭では色々な食品を手を使って食べる事もあります。食べる前にも手を洗う事をお勧めします。

ノロウイルスの感染を予防する手洗いの方法

ノロウイルスは、インフルエンザと違いエタノール(アルコール消毒)による消毒効果ありません。そして逆性石鹸を使用した手洗いもノロウイルスを消毒する効果はありません。次亜塩素酸ナトリウムは、ノロウイルスを消毒する事が出来ますがお勧めしません。(後で説明)厚生労働省では、消毒効果は無いが、どこの一般家庭にもある石鹸を使用した手洗いを推奨しています。手洗いの方法は次の通り。

  • 手洗いのときは腕時計や指輪をはずします。
  • 1度だけでなく、2度洗うとより手洗いの効果があります
  • お湯を使うと、寒い季節でも十分な手洗いにつながります
  • 薬用石鹸、逆性石鹸を使うとより効果があります
    (ただし、ノロウイルスに対しては十分な効果が実証されていません)
  • 石鹸を使って手洗いをする時はよく泡立てましょう

手洗いが不十分がノロウイルス感染の原因に

ノロウイルスの感染予防と手洗い

しっかり手洗いをしたつもりでも、意外に汚れが残っているのが「指先」「指の間」「手首」です。手洗いの際、汚れが残りがちな部位は、特に手洗いを念入りに洗いましょう。特に、小さな子どもは指先を口に入れてしまいがちなので、しっかり手洗いをしましょう。また、オフィスで夕方まで働いた手、部位別の汚れを調べた結果、手の外側(甲)と物によく触れる指先が特に汚れていることがわかりました(図)。このことから、指先は手洗い後に汚れが残りがちなだけでなく、汚れがつきやすい部位でもあることがわかります。 大人も子どもも、石けんやハンドソープで手を洗うとき、お手ふきシートや消毒液などで清潔にするときには指先までしっかり手洗いを行いキレイにするように心がけましょう。

ノロウイルス感染予防と手洗いの時間

手洗いの時間と感染予防

ノロウイルスを確実に消毒したい場合には「次亜塩素酸ナトリウム」

ノロウイルスを消毒する効果があるのは、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)です。漂白剤には、塩素系と酸素系がありますが酸素系漂白剤ではノロウイルスを不活化させる効果はありません。この次亜塩素酸ナトリウムを100~200ppmに希釈をし手洗いに使用する事で殺菌効果を高められます。しかし、次亜塩素酸ナトリウムは手洗いを効果をさらに高める補助的なものであり、次亜塩素酸ナトリウムだけでは効果は効果は半減します。また、次亜塩素酸ナトリウムは刺激が強いですので使用しすぎると手荒れの原因になりますので注意が必要です。一般的にはノロウイルス患者さんの汚物を触れたり、汚物が付着した衣類の消毒をする際にはおすすめします。

ノロウイルス感染予防












手洗いでノロウイルス感染予防


ノロウイルス サイトリンク集

ノロウイルスよくある質問を解説

食中毒を起こす原因物質

 毒キノコによる食中毒
 最新 食中毒ニュース

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索