マスクはノロウイルス感染に有効

ノロウイルス感染予防にマスク着用が有効

ノロウイルスが流行する時期によく質問がある1つにノロウイルスの感染予防にマスクが有効か?というものがあります。結論から申し上げると着用しないより着用したほうがいいです。ノロウイルスは、インフルエンザみたいな空気感染はしないですがノロウイルス患者さんの嘔吐時やクシャミなどによる飛沫感染の可能性があります。また、非常に可能性は低いですがノロウイルス患者さんの吐瀉物が乾燥し、強風で舞い上がり鼻から侵入する粉塵感染も否定しきれません。また、ノロウイルスが流行する時期は、インフルエンザが流行する秋から冬です。感染予防のためにもマスクを着用することをおすすめします。

マスクがノロウイルス感染予防に効果

マスクを使用することで感染予防に効果があります。

ノロウイルスが流行する時期は、インフルエンザや風邪なども流行する時期であり、マスクの着用によってこれら疾患に対しても予防効果があります。昔のマスクは、ガーゼを数枚折りたたんだものであり繊維のメッシュも粗かったです。その為、ウイルスや細菌の侵入をとめることができないと言う人も多かったです。特にノロウイルスは、インフルエンザウイルスと比べても小さく非常に微細な粒子の為、簡単にマスクのメッシュを通り抜けて侵入することができます。しかし、マスクを着用することで様々な効果があり感染予防に効果があります。

ノロウイルスの空気感染とマスク

空気によるノロウイルス感染する可能性は低いです。最も感染するリスクが高いのは、私たちの手や指先に付着したノロウイルスが食品などに触れ、その汚染された食品を十分に加熱せずに体内に取り込むことです。インフルエンザみたいに空気による感染リスクは低いですが、ノロウイルス患者さんが激しい嘔吐や下痢による飛沫などを吸い込んで感染する飛沫感染のリスクは否定しきれません。

飛沫感染とは、患者さんが激しい嘔吐や下痢さらにクシャミなどによってノロウイルスの汚物を巻散らかし、飛沫を呼吸などで体内に取り込んでしまうことをいいます。ノロウイルスは非常に激しい下痢や嘔吐の症状があらわれます。その際に一気に吐き下しをするため飛沫として周囲を汚染します。ですので、ノロウイルス患者さんの嘔吐や下痢を介助する際には、飛沫などを体内に取り込まないようマスクの着用させることが非常に重要です。 ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスを含む粉塵による感染のリスクも少ないですがあります。粉塵による感染は、ノロウイルス患者さんが下痢や嘔吐したまま汚物が乾燥され、さらに強風などに煽られ風と一緒に舞い上がることで私たちの体内に入りことをいいます。ノロウイルスは、乾燥した状態でも死滅(不活化)しないウイルスです。冬場の寒く乾燥した状態では1ヶ月程度死滅(不活化)しないこともわかっています。そのため、屋外などの汚物には近づかないほうが良いでしょう。

よく電信柱などの影に乾燥した汚物があるのをみます。もし、この汚物がノロウイルスによる嘔吐によるものでしたら特に近づかない方がいいでしょう。ノロウイルスによる下痢や嘔吐の汚物は、吐き下し後おおよそ1ヶ月程度は死滅(不活化)しません。そのため乾燥した汚物には、ノロウイルスが含まれている可能性もあり注意が必要です。また、乾燥した汚物が強風に煽られ埃となって舞い上がり、これを吸引することによってノロウイルスに感染するリスクも否定しきれません。ですので、あまり街中で見かけた汚物には近づかないことをおすすめします。

以前のマスクは、数枚ガーゼを重ねたもので非常に繊維の隙間は、大きく細菌やウイルスの侵入を防ぐ効果は小さいと言われていました。しかし、マスクを着用することで呼吸する際に空気の流れが分散されます。そのため相手の咳やクシャミさらにノロウイルス患者の下痢や嘔吐の飛沫を直接吸い込むリスクを低減させることができます。細菌では、高性能のマスクも開発されインフルエンザなどウイルスよりも小さいメッシュで作られたものもあります。マスクには、異物の侵入を防ぐという働き以外に口腔内の保温や保湿を保つ作用もあります。口腔内の温度や湿度が下がることによりウイルスなどの感染リスクは高まります。そのためマスクは、感染予防として古くから用いられる理由の1つであると考えられます。

ノロウイルス感染予防とマスクの種類

マスクには大きくわけて「家庭用マスク」「医療用マスク」「産業用マスク」の3種類です。インフルエンザなどの流行などで話題になった「家庭用マスク」も、マスクの構造やマスクに使用する材質で沢山の種類のマスクがあります。使い道をよく考え、目的に合ったマスクを選びたいものです。

家庭用マスク

かぜ、花粉対策や保温・保湿などの目的で日常生活に使われる家庭用のマスク。マスクに使用する素材や形、サイズなどバリエーションも豊富です。マスクを選ぶ際のポイントとしては、マスクを着用した時の通気性と使用する目的で異なります。ノロウイルスやインフルエンザ予防で使用する場合は、勤務先、外出先で使用する事も考え長時間使用できるマスクを選ぶのがおすすめです。医療用マスクは非常に効果であり、感染する危険性も非常に高くないので一変的なグレードのものの中からマスクを選ぶといいでしょう。

医療用マスク

医療用に使用される感染防止用マスクで、病院内の医療従事者が使用しています。“外科手術の”という意味で 「サージカル」から「サージカルマスク」とも呼ばれています。重症急性呼吸器症候群(SARS)が世界的な話題になったときに知られるようになったN95マスクのように、感染症患者に対応するための高性能フィルタを使ったマスクもあります。

産業用マスク

主に工場などで作業時の防塵対策として使用されるマスクで、「工業用マスク」や「防塵マスク」とも呼ばれ、粉塵の量や性質により、口や鼻だけを覆うもののほかに顔面すべてを覆うものもあります。

外出中にノロウイルスの感染から守る為には、マスクの他に手洗いも重要です。ノロウイルスに感染するリスクは、手や指先がノロウイルスに汚染することです。特にノロウイルスが死滅(不活化)しづらい冬場は、様々な場所にノロウイルスが付着をしており私たちの手や指先が汚染するリスクが高いです。最も注意しなければいけないのは、トイレでありトイレを使用したあとはシッカリ手洗いをして手や指先を清潔にする必要があります。特にノロウイルスやインフルエンザが流行する冬場は、マスクの着用と同時に手洗いの徹底をすることをおすすめします。 ノロウイルスの二次感染予防

ノロウイルス感染予防











感染予防にマスク 


ノロウイルス サイトリンク集

ノロウイルスよくある質問を解説

食中毒を起こす原因物質

 毒キノコによる食中毒
 最新 食中毒ニュース

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索