ノロウイルスを加熱により消毒

ノロウイルスを加熱で消毒 中心温度85度から90度を90秒

ノロウイルスは、食中毒菌とは異なりくウイルスに分類されることから殺菌ではなく消毒が正しい表現だと思われます。ノロウイルスの感染を予防するためには、加熱による消毒が有効です。寒い時期に流行するノロウイルスに感染することで激しい下痢や嘔吐の症状があらわれます。感染を予防するためには、体内に侵入させないことが非常に重要であり、手や指先を清潔にする手洗いの徹底が重要です。多くのノロウイルスは食品を介して体内に侵入することから食品の加熱が感染予防では重要だといわれております。厚生労働省の情報によると食品の中心温度が85度から90度で90秒以上を推奨しています。特に感染しやすい時期は、食品をしっかり煮炊きをすることが重要になります。

加熱でノロウイルスを消毒できる

加熱でノロウイルスを消毒

食中毒菌同様に十分な加熱をすることで死滅させ消毒することができます。厚生労働省では、学校給食や社員食堂など大量調理施設では食材の中心温度を85度から90度で90秒以上を推奨しています。これは、ノロウイルスを死滅させる温度であり有効な方法であります。特に汚染されやすい二枚貝や大量に食事を提供する施設では十分な加熱を心がけましょう。そのため大量調理施設では、確実に加熱されたかを確認するため中心温度計を使用して加熱状態を確認します。中心温度が90度で90秒以上で多くの食中毒菌を死滅させることができます。

食品を加熱する際に中心部までシッカリ加熱されず生焼けだったりすることがあります。この状態は、食品に付着した病原体が完全に死滅した状態ではなく食中毒の原因になる可能性があります。そこでしっかり加熱をする為のポイントをまとめてみました。牛肉など加熱されやすい食材は、冷蔵庫から出してスグ加熱すると表面だけが焼けて中心部が生の事があります。しっかり加熱するためには、冷蔵庫から出して常温にしてから焼く事がおすすめです。また、ステーキなどは、中心部まで加熱させるためにフライパンに少量の水を入れて蒸し焼きにするのもおすすめです。揚げ物料理では、油の温度に注意です。高温の油で食材を揚げると表面は焦げて中心部が生なことが多いです。揚げ物をする際には、一般的な180度~200度の温度で調理することがポイントです。逆に温度が低いと中心まで加熱されないこともあります。食材の中心まで加熱されたかを判断するため竹串などを使用して確認することが有効な方法です。

加熱することによってノロウイルスを死滅させることができますが、電子レンジでも消毒する効果が期待できますが、確実なものでありません。電子レンジは、微細な電磁波(マイクロウェブ)を食品に当てることで食品中に含まれる水分を振動させて加熱をする方法です。しかし、電磁波は、角に集まる習性があり均等にされない欠点もあります。そのため均等に加熱をするためには、食材をまぜながら加熱したり食材を回転させながら電磁波に当てる必要があります。その為、電子レンジでも確実に加熱されている部分はノロウイルスを死滅させることができるが加熱不十分な場所は消毒も不十分であり注意が必要です。 電子レンジでノロウイルス消毒

確実に加熱することでノロウイルス食中毒を予防できる

加熱する事で不活化(死滅)する事ができると説明しましたが、生野菜などは、次亜塩素酸ナトリウムを使用した消毒方法です。北海道でo-157病原性大腸菌の食中毒事件が発生しました。この一番の原因は野菜の消毒不足で原因でした。私たちの頭の中には、野菜は生でも食べられる安全な食品というイメージが強いですが、残念ながら野菜は私たちにとって有害な病原体が付着している事が多く、しっかり洗浄し食べる必要があります。特に生野菜は加熱せずに食事として提供しますので、肉や魚などの汚染された食品との接触を避け、しっかり水洗いをして提供しましょう。大規模な給食施設などでは、生野菜の提供時には次亜塩素酸ナトリウムで消毒する事もあります。しかし、次亜塩素酸ナトリウムは塩素臭が強くシッカリ流水する事が必要です。 

ノロウイルス感染予防












ノロウイルスの加熱消毒 インデックス

ノロウイルス サイトリンク集

ノロウイルスよくある質問を解説

食中毒を起こす原因物質

 毒キノコによる食中毒
 最新 食中毒ニュース

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索