ノロウイルスによる食中毒と胃腸炎の違い

ノロウイルスによる食中毒と胃腸炎の違い

ノロウイルスによる食中毒と感染性胃腸炎の違は、明確な定義があります。食品衛生法第58条において「食品、添加物、器具若しくは容器包装に起因して中毒した患者若しくはその疑いのある者」を食中毒患者と定義しており、このような症状の患者を診断した場合、医師は食品衛生法施行規則に基づいて食中毒の届出を提出するよう定められています。また、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」において、病因物質の種別にかかわらず飲食に起因する健康障害は食中毒として取り扱われる事となっています。食中毒の分類は、特に統一されたものはありませんが、おおむね、食中毒の原因物質別に細菌性、ウイルス性、化学物質、自然毒、寄生虫の5種類に分類されることが多いようです。

ノロウイルスによる食中毒と感染性胃腸炎の違い

ノロウイルスによる「食中毒」と「感染性胃腸炎」の違いは、「食品衛生法」や「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」による定義の違いであり、どちらもノロウイルスに感染した事を意味しています。汚染された食品を摂取した場合には「食中毒」、それ以外は「感染性胃腸炎」として扱われます。私たちが衛生的に不良な食品を摂取をして、下痢、嘔吐などの症状がある場合に「食中毒ではないか」といいますが、食品衛生法の定義にもあるとおり食中毒と決める事ができるのは医師のみです。医学的、衛生学的に原因物質や経路を特定をし医師が判断した場合のみに「食中毒」を使用している事を覚えておきましょう。

今まで食中毒というと夏場は腸炎ビブリオ、冬場はサルモネラ菌などの食中毒菌による感染が定番でしたが、病原性大腸菌o-157ノロウイルスによる食中毒が発生件数や患者数で上位に登場するようになりました。短期間で爆発的に患者数が増えて食中毒と言うより感染症に近いものであります。その為、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」においては、飲食物が原因でおきる下痢、嘔吐などの症状が出た場合に食中毒として取り扱われる事が決められております。その為、いままで感染症とされているコレラ赤痢なども水や食品が原因で発症した場合には食中毒として扱われます。

食中毒も感染性胃腸炎の症状は同じ

ノロウイルスによる食中毒と感染性胃腸炎は、感染ルートの違いだけであり症状や回復するまでの期間に違いはありません。ノロウイルスに感染すると数日間は激しい下痢や嘔吐で苦しみますが体外に排出されると激しい下痢や嘔吐の症状も回復します。ノロウイルスに感染しても治療薬はなく、自宅で安静して回復を待つ事しかできません。そのため市販されている下痢止め薬などを服用する事は、ノロウイルスを排出するのを遅らせ症状を長引かせる原因になります。自身の判断で勝手に薬を服用する事はおすすめできません。ノロウイルスの症状は下痢と嘔吐

ノロウイルスに汚染された食品を摂取する事で感染をし下痢や嘔吐の症状を起こすのが食中毒です。以前は、ノロウイルスに汚染されている食材として、2枚貝の牡蠣が言われていましたが、原因を分析すると二枚貝が原因の食中毒は少なく、私たちヒトから食材が汚染される二次汚染によるものが多いとの事です。(牡蠣によるノロウイルス感染リスクを参照)ノロウイルス食中毒や感染性胃腸炎を発症させない為には、日頃の衛生管理を徹底する事が非常に重要になります。

ノロウイルスに汚染した食品以外の原因で発生で発症したものを感染性胃腸炎と言います。感染性胃腸炎もノロウイルス食中毒同様にノロウイルスが体内に侵入して下痢や嘔吐の症状が現れます。しかし、ノロウイルスに汚染された食品を摂取せず発症したものを言います。ノロウイルスは、非常に少量でも感染力が非常に強いものです。そしてノロウイルス患者さんが嘔吐や下痢をした際に付近が汚染し、消毒をしなければ約1ヶ月程度は不活化せずにいる事がわかっています。その為、汚染された場所だと知らずに触れて指や手が汚染された状態でその指から口に入ったものが感染原因の大部分です。ノロウイルスはインフルエンザみたいな空気感染はしませんが、下痢や嘔吐などノロウイルスを大量に含む汚物が乾燥し、その汚物が風などであおられ埃として気管や口に入る粉塵感染や飛沫感染の可能性は否定しきれないです。ですので、外出から帰ってきた時、食事をする時、トイレを済ませた後はしっかり手洗いをする事が重要になります。ノロウイルスによる食中毒の予防

食中毒も感染性胃腸炎は感染経路の違い

ノロウイルス食中毒と感染性胃腸炎の違いは、感染経路の違いです。代表的な経路を以下にまとめました。食品がノロウイルスに汚染されたものを飲食することで起きるものをノロウイルス食中毒、飲食物以外の感染経路で起きたものを感染性胃腸炎として区分されます。

  • 感染した人の便や吐物に触れた手指を介して口に入る場合
  • 乾燥した便や吐物から空中に浮遊したノロウイルス粒子を吸い込んだ場合
  • 感染した人が不十分な手洗いで調理して食品を汚染した場合
  • カキやシジミなどの二枚貝を、生または不十分な加熱調理で食べた場合

食中毒も感染性胃腸炎も予防は同じ

ノロウイルスによる食中毒も感染性胃腸炎も基本的な予防方法は同じです。少量でも体内に侵入すると爆発的に増殖し下痢や嘔吐の症状があらわれます。インフルエンザみたいなワクチンが開発されておらず、予防方法が無いことから注意しましょう。ノロウイルスの予防は、ノロウイルスを手指に付けない、食品の十分な加熱、健康管理などが重要です。その中でも手洗いは最も重要な予防方法です

  • 人から人へ感染となるのは手指からです。トイレでも排泄時に手指が汚染されるリスクが高く、使用後は必ず手洗いをしましょう。手洗いを日常的に習慣づけることが予防の基本です。
  • カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱してください。なお、生食の場合は、必ず、生食用のものを消費期限内に使用して下さい。
  • 症状が治まっても数日は便からノロウイルスを排出します。トイレは清潔に使用し、使用後は手洗いの徹底等の防止に注意して下さい。
  • 下痢や嘔吐の症状がある時は、できるだけ学校や仕事を休み体力の回復に努めてください。
  • 嘔吐した場合は、口の中をよくすすぎ、また、使用した洗面器や流しなどは直ちに洗浄、次亜塩素酸ナトリウム水溶液で消毒して下さい。
  • ノロウイルスに感染した人の便、吐物には多量に含まれていますので、取扱については十分に注意して処理して下さい。
  • マスクや手袋の着用(素手で触れない)をしてペーパータオル等で拭き取る
  • 拭き取ったペーパータオル等は、ビニール袋に入れ、消毒・密封して廃棄
  • 便や吐物を処理した後の床などの消毒
  • 作業後は手を洗い、うがいをする。

このサイトの訪問者は以下の記事をチェックしています。












食中毒と感染症の違い

ノロウイルス サイトリンク集

ノロウイルスよくある質問を解説


食中毒を起こす原因物質

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索