ノロウイルスによる二次感染

ノロウイルスによる二次感染は手洗いの徹底

ノロウイルスによる食中毒で一番注意をしなければいけないのは二次感染です。そもそも牡蠣など二枚貝などが汚染されやすく、誤って食べる事で下痢や嘔吐などの胃腸炎症状を起こすと言われていました。しかし、最近の調査では、原因の多くは、二枚貝を摂取した事ではなく、私たちヒトが感染をし食品などに触れる事で食品を汚染し食中毒が起きている事がわかってきました。この様にノロウイルス食中毒を予防する為には、調理従事者など食品に触れる人が感染しない事が重要であり、ここでは二次感染予防について説明をしたく思います。

ノロウイルスの二次感染予防

ノロウイルスに感染しない為には、ノロウイルスを体内に入れない事です。その為には、日頃から手洗いの実施が非常に有効であると考えています。体内に侵入し感染するリスクの多くは、飲食物の摂取であり、その多くは手を使う事です。食品と直接接触する手や指先を清潔にする事は、感染予防の観点から非常に有効であります。最近発生した食中毒の原因を分析すると牡蠣などの二枚貝の喫食ではなく日常生活で知らぬ間に感染するケースが多いです。空気による感染リスクは低く、その多くが指先や手に付着したまま食品等に触れて体内に取り込んでしまうケースだと考えております。その為、外出先からの帰宅時、食事前、トイレの後は必ず手洗いをする事が重要であると考えております。

特に感染予防で注意をしたいのが、トイレが最も感染リスクで高い場所である事です。特に不特定多数が利用するトイレは、イツ、ダレが、どのようにして利用したかわかりません。飲食店、百貨店、駅などのトイレは大勢の人が利用をします。もし、そのトイレを利用する方にノロウイルス患者さんがいて、下痢や嘔吐などをした際にゴクゴク微量の便が指先に付着し、そのままドアノブに触れ、水道の蛇口を触れたとしましょう。次の利用者が何も知らずに利用をして手洗いを十分に行わなければ指先は当然汚染されています。また、非常に少量でも感染し、非常に乾燥にも強くステンレス金属などの付着した状態でも1ヶ月程度不活化しない事がわかっています。この様な事を総合的に考えると大勢の人が利用する公衆トイレはノロウイルスに汚染されており確実に手洗いをしなければイツでも感染するリスクはあると考えてもおかしくないと思います。詳しくは、「ノロウイルスの二次感染源はトイレ」を詳しく説明。

消毒する為には、次亜塩素酸ナトリウムが有効とされております。石鹸やアルコール消毒は、効果がありません。しかし、石鹸をつけてしっかり洗う事は、化学的な消毒作用は無くても物理的に摩擦する事で洗い流し指先が清潔になります。そして手洗いが終わった後にパーパータオルで指先をしっかり拭き取る事も有効だと思います。次亜塩素酸ナトリウム水溶液で指先を消毒する事も効果はありますが、次亜塩素酸ナトリウム水溶液は濃度が濃いと手荒れの原因にもあります。手荒れは、ブドウ球菌サルモネラ菌による食中毒の原因にもなりますので注意も必要です。ノロウイルスの二次感染予防と手洗いを詳しく説明

ノロウイルス食中毒なった場合の感染予防

ノロウイルスが体外に排出するまで特別な治療もなく安静をするしかありません。病院に行っても効果のある薬が開発されてない為に脱水症状がひどい場合などは対処療法しか行えません。その為、症状が緩和するまでの数日は、部屋とトイレを往復する事になります。ご自身が下痢や嘔吐で使用しましたトイレはご自身で清潔にしていただくしかありません。この際に次亜塩素酸ナトリウム水溶液で使用した部分をしっかり拭き手洗いをする事も重要です。また、衣類にもノロウイルスが付着している可能性があり、他の家族の衣類とは別に洗濯をし、よく日光に当てて乾燥する事が重要です。もし、家事をする方ご本人が感染した場合には、食事などの調理する作業は避けて、しばらくは出前などで対応するのが良いかと思います。

家族がノロウイルスに感染場合には、二次感染を予防する為にも手洗いの徹底を心がけましょう。そして、家族が廊下や部屋で嘔吐をした場合に家族が清掃する際には注意が必要です。特に汚物を除去する際に二次感染のリスクが非常に高いからです。汚染された場所を清潔にするためには、新聞紙やペーパータオルで取り除きます。その際には、ビニール手袋やビニール袋を使用して指先や手が汚染されない工夫が必要です。さらに汚物を取り除いた所に次亜塩素酸ナトリウム水溶液で消毒を行います。使用したビニール袋や汚物が付着した新聞紙などは袋にいれて、その中を消毒する為に1000ppmの次亜塩素酸ナトリウム水溶液で消毒をして燃えるごみと一緒に廃棄をします。ノロウイルス食中毒の二次感染予防法を詳しく説明

激しい下痢や嘔吐の症状は、数日から1週間程度で回復をします。これは、小腸など消化管で爆発的に増殖したことにより胃腸の機能が低下をしたものですが、激しい嘔吐や下痢をくりかえすことによって増殖したノロウイルスが体外に排出され症状が緩和するものです。しかし、症状が回復したからといっても便からノロウイルスが検出されることが多いです。長い時は、1ヶ月以上の間ノロウイルスが検出されることがあります。下痢や嘔吐の症状が回復したからと言ってトイレの後の手洗いを疎かにしたいりしないようにしましょう。 感染後の職場や学校の復帰

ノロウイルスの基礎知識



ノロウイルス感染予防


ノロウイルス二次感染

ノロウイルス関連の情報


サイトリンク集

ノロウイルスよくある質問を解説

食中毒を起こす原因物質

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索