ノロウイルスによる脱水症状に注意を

ノロウイルスによる下痢や嘔吐による脱水症状

ノロウイルスに感染すると非常に激しい下痢嘔吐症状があらわれ脱水症状になる事があります。脱水症状とは、体内の水分や電解質が失われる状態をいいます。私たちの体は体重の約6割が水分であり、この水分や水分に含まれる電解質を失うことで体内代謝が上手にできず最悪死亡するケースもあります。ノロウイルス患者さんの多くは、自然に完治しますが、体内の水分量が少ない高齢者や激しい下痢や嘔吐で脱水症状がみられる患者さんには、輸液(点滴)をすることがあります。点滴は、生理食塩水で水分と同時に電解質を補います。

ノロウイルスは、脱水症状に注意

ノロウイルスの症状で一番注意をしなければいけないのが脱水症状です。ノロウイルスが体内に侵入すると1日から2日の潜伏期間を経て激しい下痢や嘔吐の症状があらわれます。その症状は、非常に激しく1日に何度も突然症状があらわれ、近くにトイレが無いと不安になります。最初は、胃や腸の内容物を吐き下しをしていますが、徐々に内容物が無くなると嘔吐の場合は、黄色く苦い胃液を吐きだし内容物が無くても症状が続きます。また、下痢も同様に内容物が無くても症状が続くため腸液を出し続けます。この様に内容物だけではなく胃液や腸液などを繰り返すことで体内の水分や電解質を失っていく症状を脱水症状といいます。ノロウイルスによる下痢や嘔吐が原因で起きる脱水症状を緩和する為、スポーツ飲料を摂取することをおすすめします。体力がある成人がノロウイルスに感染した場合、脱水症状のリスクは低いですが、水分量が少ない高齢者や抵抗力が無い乳幼児がノロウイルスに感染した場合には注意が必要です。軽い脱水症状では、症状は無く気づかないことがあります。(激しい運動の後や風呂上りなども軽い脱水症状になります。)脱水の状態が徐々に進むにつれて、呼吸困難、意識障害などの症状があらわれてきます。この様な症状があらわれた時には躊躇せず病院に行き輸液(点滴)などの処置を受ける様にしてください。

ノロウイルスによる脱水症状と止瀉薬

ノロウイルスによる下痢の症状がある時は、止瀉薬などの下痢止め剤を使用せず、ラックBやビオフェルミンなどの生菌製剤を用います。ノロウイルス感染による下痢や嘔吐は、腸内にノロウイルスが増殖した事が原因ですが、下痢と一緒にノロウイルスも排出され数日間の下痢で腸内で増殖したノロウイルスは減少し症状も緩和します。止瀉薬などを使用する事で下痢を止めてしまい体内で増殖したノロウイルスが長期間留まり症状も長期化する事があります。現段階ではノロウイルスに感染した際の特効薬は開発されておらず対処療法が中心となります。経口摂食が可能であれば、少量で回数を多くした食事が原則です。経口補液を行うこともあります。経口での摂食が不可能な場合、あるいはその危険性がある場合は経静脈輸液を行います。ノロウイルスの下痢や嘔吐の症状を緩和させる治療薬はありません。詳しくは「ノロウイルスの治療薬やワクチン」を参照してください。

ノロウイルスによる下痢や嘔吐で体液(水分)を失い脱水症状となる

ノロウイルスに感染すると潜伏期間1日から2日で激しい下痢やおう吐の症状ががあらわれます。下痢や嘔吐の症状は、カラダの防衛作用ですが、ウイルスを体外に排出するだけでなく、カラダの機能維持に大切な体液をに大量に排出している状態でもあります。この状態を放置すると体液など水分を失う脱水が進行し、疾患からの回復が遅れるだけでなく、手足のしびれや頭痛といった脱水症の症状があらわれ、深刻な病気につながることもあります。特に脱水弱者である子どもや高齢者は、下痢・おう吐に際しては脱水症の危険性をしっかりと認識し、罹患した場合の正しい水分補給方法を知っておくことが大切です。一般に成人の体液は、汗や呼気などから1,000ml、尿や便から1,500mlが毎日失われ、食べ物や飲料から同じ量を摂取して出納バランスをとっています。下痢はカラダに必要ない老廃物と共に、消化液(体液)を大量にカラダの外へ排出している状態だと考えてください。体液は、水分と電解質(ナトリウムやカリウムなどのイオン類)とタンパク質などで構成されています。カラダの水分を保つ機能が未完成な幼児では体液は体重の70%を占め、成人では60%、高齢者になると50%程度になって、カラダのさまざまな機能を維持する役割を持っています。下痢では、それが大量に体外へ放出されているのです。体液が不足する状態が「脱水」ですから、ウイルスによって下痢やおう吐をすることは、その時点で「脱水」を疑い、脱水対策をとりましょう。

脱水症状は水分だけではなく電解質も同時に失っている

脱水症状は、水分が抜けた状態であり水分を補えば回復すると思いがちです。しかし、ノロウイルスによる下痢や嘔吐の症状で大量の体液を失っていますが、この体液には水分に含まれている電解質も失っています。代表的な電解質には、ナトリウムやカリウムがあり、これらの電解質は体内代謝を行う為には不可欠な成分であります。ナトリウム(Na+)は体液の移動において重要な役割を果たし、カリウム(K+)は神経や筋肉の興奮・伝達・収縮に作用するなど、いずれも私たちが生きていく上で必要な役割を持っています。脱水には、主に水分が喪失する水分欠乏型と、水分と電解質を同時に失う塩分欠乏型がありますが、ウイルスから起こる下痢・おう吐が引き起こすのは後者です。この場合、脱水の対処として、塩分を補わず水だけを飲んでしまうと、かえって脱水が進行します。カラダには、体液中の電解質の濃度を一定に保とうとする働きがあり、体内の電解質が減少したままの状態で水だけを飲んでしまうと体液中の電解質濃度が下がり、カラダはその濃度を元に戻そうとして、尿として水分を排出しようとするのです。当然、電解質も出てしまい、体内の体液量と共に電解質の量はますます減ってしまうという悪循環に陥ることになります。塩分欠乏型脱水では、水分とともにナトリウムやカリウムといった電解質を適度に補給しなくてはなりません。また、腸での吸収を促すための糖分の摂取も必要です。これらの成分を、私たちは通常毎日の食事から得ていますが、下痢・おう吐が続く状態では充分な食事ができません。適切に失った体液を補水するための工夫が必要なのです。

脱水症状と診断される状態

脱水症状は、体から排出される水分量が増えたり、摂取する水分量の不足によって体内の水分が減り、正常値(成人では体重の約60%、小児では体重の約80%)以下に減少した状態をいいます。通常、体内の水分の量は一定に保たれているが、これは摂取する水分量に応じて腎臓が尿の量を調節するためである。腎臓では、糸球体で血液が濾過され、一日に約150リットルの原尿を生成する。そのうち約99%は、尿細管で再吸収され、尿として排泄されるのは1.5リットル程度となります。一日に摂取する水分量が増え、摂取する水分量が少なくなれば、濃い尿を作って尿量減らし、体内の水分が減らないように調節される。その限度を超えて、体から排出される水分量が増えたり、摂取する水分量が不足すると、体内の水分が減り、「脱水症状」が起こります。

・ 水分の摂取不足にyろう意識障害、衰弱、神経障害、渇中枢の感受性が低下の高齢者に多い
・ 発汗・不感蒸泄の増加:発熱、高温下に長時間さらされると発汗や不感蒸泄が増加
・ 消化液の喪失:大量の嘔吐、下痢により消化液中の電解質が失われる
・ 腎疾患:腎不全、尿崩症、アジソン病など
などが主な脱水症であるが、導尿病の場合、高血糖や下痢や嘔吐などを伴うシック・ディ(体調不良)の場合には、特に脱水を起こし易いので、十分な注意が必要である。

脱水症状で水分と同時に電解質も失われる

・高張性脱水症状 : 水分が多く失われる水欠乏性の脱水
・低張性脱水症状 : ナトリウムが多く失われる塩類欠乏性の脱水
・等張性脱水症状 : 水分とNa欠乏とがほぼ同じ割合で起こっている混合性の脱水
の3つに分類される。 体重の2%に相当する水分(体重60Kgの人で1.2リットル)が失われると、「強い喉の渇き、食欲減退」などの脱水症状が現れる。さらに脱水症状が進むと、危険な状態となる。脱水症状としては、口渇・口唇の乾燥・尿量の減少・頭痛・全身倦怠感・食欲不振・めまい・嘔気・嘔吐などが挙げられるが、脱水症状が現れた場合には、脱水の程度に応じて次のような処置を行う。

軽症の脱水症状

体重の4%程度までの脱水で、のどの渇きを感じたり、食欲が減退する程度ならば水を飲むことで回復できます。水分の補給は、普通の水でもよいが、体液に近い濃度の電解質が含まれていた方が、速やかに身体に吸収され脱水症状の緩和に有効的です。ごく少量(水の分量の0.9%程度)の塩を加えた水やスポーツ飲料などが理想的です。大人が脱水症状の場合は、ミネラル類を含んだスポーツドリンクも適している。飲み物は、10度前後の冷たいものを選ぶとよい。ぬるま湯やお茶などの温かい飲み物に比べ、冷たい方が吸収が速いからである。だだし、極端に冷たかったり、味の濃い飲み物はよくない。

重症の脱水症状

脱力感や眠気、頭痛などを起こすほど(体重の4~6%程度)の脱水の場合には、医療機関で点滴による水分補給を受けた方が、早く回復します。それ以上の脱水症状の場合には、医療機関で緊急の処置を受ける必要があります。

ノロウイルスの基礎知識






下痢や嘔吐による脱水症状


ノロウイルス サイトリンク集

ノロウイルスよくある質問を解説

食中毒を起こす原因物質

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索