お弁当とノロウイルス予防

お弁当とノロウイルス予防

お弁当や料理の温度管理が不十分で常温放置などをした際に、その料理を食べる事でノロウイルスが増殖をし感染するリスクが高くなるか質問に対して説明をしたいと思います。細菌性食中毒などでは、温度、湿度、栄養の条件がそろうと食中毒菌は増殖をし、その汚染された食品を摂取する事で下痢や嘔吐の症状があらわれます。ノロウイルスは、食中毒菌が増殖する条件である、温度、湿度、栄養の条件が揃っても増殖する事はありません。

ノロウイルスの増殖はヒトの体内のみ

多くの食中毒菌は、温度、湿度、栄養の条件が揃うと増殖をします。しかし、ノロウイルスは、細菌ではなくウイルスであり、温度、湿度、栄養の条件が整っていても増殖しません。ノロウイルスが増殖できるのは、私達の体内です。その為、ノロウイルス予防の為に温度管理などに注意してもあまり意味がありません。ノロウイルスが増殖するリスクが無いからと言って長期間常温放置するれば食中毒菌が増殖をし食中毒になる可能性はあります。冬場でも食中毒菌は増殖をしますので食品衛生全体の視点から考えば温度管理は非常に重要なものであると思います。

ノロウイルスによる食中毒は、非常に少量でも体内へ取り込む事で発症をします。その為、弁当を製造する段階でノロウイルスに汚染されな工夫が必要です。お弁当におけるノロウイルス食中毒予防は、「ノロウイルスを増やさない」ではなく「ノロウイルスを付けない」事が非常に重要になります。

多くの細菌性食中毒は、高温多湿を好み夏場から秋にかけて発生しますが、冬場でも細菌性食中毒は発生しています。特にカンピロバクターなどの鶏肉が汚染されやすい細菌性食中毒では加熱不十分により発生しています。ですので調理する際にはシッカリ加熱をし、食品の保存も冬だからといって室温放置ではなく冷蔵庫などで保存する事をおすすめします。

ノロウイルス感染予防