ノロウイルス食中毒のまとめ

ノロウイルス食中毒のまとめ

ノロウイルスは、毎年秋から冬にかけて感染すると激しい下痢や嘔吐を引き起こす食中毒です。(飲食物以外の感染ルートの場合は感染性胃腸炎)以前は、冬場に流行する食中毒だと言われていましたが、最近では夏場にも発生の報告があります。特徴は、非常に感染力が強く、少量でも体内に侵入し感染すると非常に激しい下痢や嘔吐の症状を起こします。また、感染を予防するワクチンや治療薬も無い為、感染しない様にしましょう。以前は、牡蠣などの二枚貝が原因だと言われていましたが、接触感染でヒトから食品に汚染が拡大している事が多いです。(二次感染)

ノロウイルス食中毒の原因

ノロウイルス食中毒について詳しく分析されてなかった以前は、二枚貝を食べると下痢や嘔吐など「あたる」ことがあり、さらに二枚貝の中腸腺が汚染されやすい事から原因食材だと言われていました。その為、ノロウイルス食中毒が起きると牡蠣の生食には、十分注意する様にテレビやマスコミで報道され出荷業者は大変苦労していました。しかし、最近の調査によると食中毒の多くは、牡蠣など二枚貝ではなく、野菜や肉さらにはパンなど従来原因だと思われた食品とは異なり、さらに食中毒が発生した施設の調理師など調理従事者の便からも病原体が検出されます。この事から食品の調理や製造に携わる人が感染し、指を介して食品が汚染され食中毒が発生していると考えられます。その為、予防する為には、家族や周囲に感染者がいないか健康管理をしたり、食品に素手で触れない様にする事が非常に重要です。また、自身の手や指からノロウイルスに感染しない為にも手洗いの徹底が重要です。

二枚貝がノロウイルスの汚染する仕組み

二枚貝には、海水で生息する為にプランクトンを捕食する際に中腸腺という臓器があります。ノロウイルスに汚染した海域では、プランクトンと一緒に体内に取り込み中腸線に蓄積される事がわかっています。十分に加熱すると不活化(感染力を失い死滅すること)させ安全に食べる事ができますが、生食や加熱不十分のまま体内に取り込むと体内で爆発的な増殖を繰り返し下痢や嘔吐の症状が現れます。下痢や嘔吐で吐き下しされた汚物は、処理され海に流れ出ます。しかし、下水処理では、ノロウイルスを死滅させる事はできず、沿岸部の海域は汚染され、そこで生育する二枚貝は汚染し感染が繰り返されます。牡蠣は大腸菌数で「生食用」「加熱用」に分けられて販売されています。特に「加熱用」は沿岸部で生育して身はしっかり大きいですが汚染されている可能性が高いです。その為、「加熱用牡蠣」はシッカリ加熱して食べるようにしましょう。カキなど二枚貝がノロウイルスに汚染させる理由を詳しく見る。

ノロウイルス食中毒の原因は二次感染者が拡大させている

年々、感染者数、発生件数ともに増加傾向で食中毒の原因物質の中でも上位に登場しています。また、以前は牡蠣など二枚貝や魚介類だと言われていましたが、それ以外の食材でも多く発生しています。静岡県浜松市で発生した食中毒では、学校給食用のパンが原因食品でした。その原因を調査するとパン工場の数名の従業員が感染をし、その病原体を保有者したまま検品工程でパンを裏表見る作業をしていました。しかし、作業員は、ビニール手袋を使用して素手では接触してない事もわかりました。腸さした結果、指先に付着していたノロウイルスがビニール手袋を通り抜けて汚染が拡大したのではなく、脱着時に素手で手袋の外側に触れた事でパンに汚染されたと考えられます。非常に感染力は強く注意する必要があります。ノロウイルス食中毒と二次感染予防を詳しく見る。

ノロウイルス食中毒の予防方法

ノロウイルスによる食中毒を予防するためには、体内に入れないことです。非常に少量でも体内で爆発的に増殖し下痢や嘔吐の症状を起こします。また、ノロウイルスに効く薬の開発がされておらず、症状が治まるまで我慢するしかありません。その為、食中毒の中でも感染したくない病原体です。体内にノロウイルスを入れないためには、食品の加熱トイレ後や食事前の手洗い次亜塩素酸ナトリウムによる消毒です。しかし、飲食店などでの調理従事者の衛生管理が徹底されてなければ、完全に予防することができず非常に難しい面もあります。ノロウイルス食中毒の予防を詳しくみる

ノロウイルス食中毒予防と手洗いの徹底

最も有効な自己防衛策は、自身の手や指先にノロウイルスを付着させない事です。手洗いは、感染を予防する為に非常に有効な方法だと言えます。寒く乾燥する冬場はノロウイルスにとって好条件であり不活化(死滅)するまで1か月程度感染力を持ち続けます。その為、感染者が増大する冬場は、至る所がノロウイルスに汚染され気づかないうちに手指が汚染されます。最も感染しやすいのは、不特定多数が利用する公衆トイレです。しかし、公衆トイレなどで汚染された手指は、その後も至る所に触れ汚染を拡大します。大勢な人が触れる電車のつり革やエスカレーターのベルトなど様々な所が汚染され感染するリスクがあります。外出先から帰宅したら手洗いの徹底、さらに食事前にも手洗いをして感染予防をしましょう。

ノロウイルス患者さんは、激しい下痢や嘔吐の症状を1日に何度も繰り返し、体内からノロウイルスが排出されるまで繰り返します。下痢や嘔吐の際に吐き下しする汚物には、大量のノロウイルスが含まれており、便器やその周囲を汚染します。また、患者さん口や肛門に付着した汚物が少量でも手指に付着すれば汚染範囲は広がり感染予防の為にも十分に消毒する必要があります。その為、患者さん接触したドアノブ、水道の蛇口などは十分に注意しましょう。

加熱による感染予防

次に感染をを予防する方法として食品の十分な加熱です。ノロウイルスは、他の食中毒菌同様に熱に弱い性質であります。厚生労働省作成の大量調理マニュアルでも食材の中心温度が85~90度90秒以上の加熱を推奨されています。食材をしっかり加熱して食中毒の予防が可能です。加熱後の汚染を避ける為に他の食品との接触や素手での調理は極力避ける事も重要です。

加熱できない食材は、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒があります。次亜塩素酸ナトリウムは、塩素系漂白剤です。これを生野菜などを消毒する際には100~200PPM水溶液に浸して流水で洗い流します。濃度を濃くすれば消毒効果も高められますが、塩素臭や残留塩素が人体に与える影響など注意が必要です。生牡蠣など食材の深部まで消毒が必要な食材については次亜塩素酸ナトリウムの消毒は不向きです。次亜塩素酸ナトリウムを用いた食品の消毒方法を詳しくみる

ノロウイルス食中毒の治療方法

ノロウイルス食中毒になると治療する事は無く激しい下痢や嘔吐に数日間苦しむ事になります。ですので自宅で安静をし下痢や嘔吐を繰り替えし徐々に回復するを待ちます。この際に止瀉薬などを服用したくなりますが、止瀉薬を服用する事で体外へ排出する作用が遅れ症状が長期化する恐れがあります。ですので自身による勝手な判断による服用はおやめください。ノロウイルス食中毒の治療方法を詳しく見る。

下痢や嘔吐が長期間起きる事で注意しなければいけないのは脱水症状です。脱水症状とは、体内にある水分や電化質を失う事で体内代謝が十分できなくなる事です。重症の場合には、意識レベルの低下、呼吸混乱などを起こし、最悪の場合には死亡する事があります。ですので、下痢や嘔吐が続く場合には、脱水症状にならないように水分補給をおすすめします。その際には、水道水より体内吸収がよりスポーツドリンクを飲むと良いでしょう。また、下痢や脱水症状が起きている時は、体が水分を受け付けない為、少量を口に含み様子を見ながら飲みましょう。あと、飲料は冷たいと胃腸の刺激をしますので常温で飲むことをおすすめします。ノロウイルス食中毒による脱水症状には注意を詳しく見る

ノロウイルスの基礎知識












ページのトップへ戻る

サイトリンク集

ノロウイルスよくある質問を解説

食中毒を起こす原因物質

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索