ノロウイルス最新ニュース

和民グループでノロウイルス食中毒 平成27年10月30日

ノロウイルス食中毒に概況

神奈川県相模原市の発表によると平成27年10月17日(土曜日)に神奈川県相模原市中央区にある飲食店「JAPANESE DIBING 和民」の淵野北口駅前店(以下、「和民 淵野辺北口駅前店」)で飲食した利用客が、発熱、腹痛、下痢の症状を訴え治療していると「和民 淵野辺北口駅前店」から平成27年10月26日(月曜日)に相模原保健所に連絡があった。連絡を受けた相模原保健所が詳しく調査した結果、「和民 淵野辺北口駅前店」が提供した食事が原因でノロウイルス食中毒が発生したと断定し3日間の営業処分にしました。

ノロウイルス食中毒の決定に至った経緯

相模原保健所が、店舗食材検査、店舗食材検査、従業員の検便などを調査した結果、平成27年10月17日(土曜日)に「和民 淵野辺北口駅前店」を使用した32名のうち18名が、発熱、腹痛、下痢の症状がありました。症状を訴えているのは、年齢20代から50代の男性7名、女性11名の計18名です。症状があらわれた全員が「和民 淵野辺北口駅前店」を利用しており、他に共通して摂取した食事はなく、発症者18名のうち4名からノロウイルスGⅡ型が検出され、「和民 淵野辺北口駅前店」の調理従事者からも同型のノロウイルスが検出された。今回は、「和民 淵野辺北口駅前店」から相模原保健所に通報があり調査を開始しており。上記内容を総合的に判断した結果「和民 淵野辺北口駅前店」が提供した食事が原因でノロウイルス食中毒が発生したと結論づけた。尚、発症者を診察した医師から食中毒患者等の届出票が提出されています。

ノロウイルス食中毒の原因物質

ノロウイルスGⅡ

ノロウイルス食中毒が発生した原因施設

所在地:神奈川県相模原市中央区淵野辺3-19-15秀和ビル2F
名称:JAPANESE DINING「和民」淵野辺北口駅前店
営業形態:飲食店営業(大衆酒場)
営業者:株式会社ウイスケ・ベス 代表取締役 神保 善彦

ノロウイルス食中毒による営業処分内容

平成27年10月30日(金曜日)から2日間の営業停止処分

お詫び内容(ホームページ抜粋)

和民は、食中毒が発生したことを自社で報告し、謝罪と改善策を次のとおり説明しています。当社といたしましては、この事態を厳粛に受け止め、再発防止に向けて以下の対策を実施し、食の安全・安心の確保に万全を期して参る所存でございます。
 ① 食材の取扱い、および調理時における衛生管理の強化
 ② 従業員教育、および従業員の健康管理チェックの推進
 ③ 作業場の収納機器、衛生設備の再整備
 ④ 客席・作業場の除菌消毒の実施停
当社では、日頃より衛生管理の徹底と従業員教育、および社内体制の整備を推進して参りましたが、この度はこのような食中毒事故を発生させてしまい、お客様や関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしましたこと、改めて心より深くお詫び申し上げます。
ワタミ株式会社 広報CSR部 電話:03-5737-2784

管理人によるノロウイルス食中毒の所見

11月から翌年の3月頃までノロウイルス食中毒が発生しやすい時期である。飲食店の調理従事者がノロウイルスに感染し、十分に手洗いがなされず食品に触れることで汚染が拡大して起きた典型的な事例です。ノロウイルスは、しっかり加熱をすれば消毒することができるが、ノロウイルスを保有する調理従事者が素手で生食用の食材に触れたり、加熱後に素手で触れることで商品が汚染されたと思われます。今回、調理従事者がノロウイルスを保有し、症状の無い病原体保有者だったのか?発症しているにも関わらず無理して出勤したか?は不明であるが、ノロウイルス感染者の便からは大量の不活化してないノロウイルスが含まれているためトイレの手洗いが不十分だったと思われる。特に外食店のトイレは、イツ、ノロウイルス患者さんが利用し便器や水道の蛇口を汚染するかわかりません。その為、調理従事者がトイレを利用する際にはしっかり手洗いをする必要があります。なんせ外食店では、お客は提供された料理を無防備で食べる為、お店が食中毒を発生させないようにする責任は大きい。ノロウイルス食中毒に関する詳しい情報は「ノロウイルス」を参照してください。

ネットで「和民 食中毒」と検索すると興味深い記事がある。サイトにあった情報を簡単に説明すると、三軒茶屋にある「居酒屋・語らい処 坐・和民」でノロウィルスによる食中毒が発生した際に営業処分の行政処分を受けたにも関わらず、その期間を「改装工事」とウソをつき対外的にもそう公表したという。行政処分は会社事情で従業員に対して賃金保障するのが同社は何もしなかった。、ワタミは『週間金曜日』に対し、徹底した取材拒否を行っている。ワタミの経営者である渡邊美樹氏の発言には、「絶対にウソをついてはいけない」という台詞があるが、この食中毒に関する会社の態度はウソ以外の何物でもない。そして、行政はノロウィルス対策を冬場は特にきちんと行わなければならないし、マスコミもきちんと報道すべきではないだろうか。10月末の玉川高島屋でのノロウィルスによる食中毒については、患者は4人だったが、会社はきちんと公表し、マスコミもテレビを含め大きく伝えた。注意喚起は重要なのだ。この情報が正しいかは不明であるが、この様な話を同社も周辺でよく聞く。はやりブラック企業が行う慣れの果てだろうか?

ノロウイルスの基礎知識



ノロウイルス感染予防



和民でノロウイルス食中毒 インデックス


ノロウイルス サイトリンク集

ノロウイルスよくある質問を解説

食中毒を起こす原因物質

Yahoo検索バナー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索